2016年04月30日

マガダン州の金鉱床(Evenskoe鉱床)

Evenskoe鉱床はテルル-ビスマスを含むAu-Ag浅熱水性の鉱脈と熱水角礫岩からなる金鉱床です。母岩は白亜紀後期の流紋岩や粗面流紋岩です。鉱化帯は数百mから4qに続き、幅は5〜10mとなっています。

いくつかの鉱物組み合わせが確認されていて、
(1)緑簾石-石英、石英脈中のテルル化銀、テルル化金を伴う自然金-硫化物多金属組み合わせ、
(2)氷長石-炭酸塩鉱物-石英脈中のセレン化物および局所的に輝安鉱を伴う自然金-輝銀鉱組み合わせ、
(3)セレン化物および黄鉄鉱を伴う自然金-硫化物-硫塩鉱物組み合わせ、
(4)石英-重晶石脈中の自然金-硫化物-硫塩鉱物組み合わせ
があります。

主要鉱石鉱物は自然金、エレクトラム、自然銀、輝銀鉱、雑銀鉱-ピアス鉱、淡紅銀鉱、濃紅銀鉱、輝銀銅鉱、四面銅鉱、ナウマン鉱、アグイラ鉱、ヘッス鉱、自然ビスマスなどです。
鉱石のAu:Ag 比はおよそ1:20〜1:30 です。
鉱体はNWトレンドに断層に沿って独立した10 以上の鉱体があります。
鉱量は2.5Mt@10g/tAu,250g/tAgとされています(Noklerberg et al.,2005) 。


引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 09:39| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアのコバルト生産量は世界何位?

国別生産量ランキングは、ニッケルに続いてコバルトを紹介します。
ロシアのコバルト生産量は世界何位でしょうか?

コバルト生産量ランキング表.png
コバルト生産量ランキング図.png

2014年のコバルト産出量は、世界合計で12.3万トンでした。これはニッケルの245万トンの約20分の1にしかすぎません。
コバルト産出量の世界第一位はコンゴ民主共和国で、世界全体の51%も占めています。
ロシアのコバルト産出量は6300トンで、世界シェア5%の第4位となっています。ただ、コンゴ民主共和国が圧倒的すぎて、2位以下はドングリの背比べみたいなものです。

なぜコンゴ民主共和国がコバルトが多いかと言うと、コンゴ民主共和国南部からザンビア北部にまたがるカタンガ層という地層に、カッパーベルトというコバルトを伴う堆積性の銅鉱床が続いているからです。ですので、コンゴ民主共和国は銅の産出量でも世界第5位の地位を占める鉱業国です。またカッパーベルトが続くザンビアも、銅で世界8位、コバルトでは世界6位です。

ロシアの場合は、銅-ニッケル硫化鉱鉱石の副産物として、コバルトが含まれます。シベリア北部のノリリスク鉱山がもっとも産出量が多いです(下図の水色の◆)。

資源分布.jpg
図.ロシアの主要鉱山位置図(JOGMEC,2010)

コバルトはニッケルと地球化学的挙動が比較的似ているため、ニッケルラテライトにも若干コバルトが含まれます。ニッケル産出量第1位のフィリピン、第5位のニューカレドニアは、コバルトでもランキングに入ってきます。

ロシアのコバルト生産量は世界何位?
(答え)2014年生産量は世界第4位。コンゴ民主共和国が圧倒的すぎて、順位はあまり意味ないかも?
ロシアでは銅-ニッケル鉱石にコバルトが随伴する。

引用文献
USGS(2016):Mineral Commodity Summaries 2016 COBALT.
JOGMEC(2010):世界の鉱業の趨勢2010 ロシア.p151-160.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 07:56| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

マガダン州の金鉱床(Karamken鉱床)

Karamken 鉱床は幅が0.2m以上、延長が200m以上の数多くもの氷長石-石英、氷長石-炭酸塩鉱物-石英脈からなる金鉱床です。

鉱脈は白亜紀後期のデイサイト、安山岩-玄武岩、流紋岩で満たされるカルデラを母岩とし、断層に規制されています。
Karamken地質断面図.png
図. Karamken 鉱床地質断面図(Noklerberg et al.,2005)

鉱量の8-9 割方を占めるメイン鉱体は熱水角礫化および氷長石-加水雲母-石英変質を受け、鉱床上部はカオリン、明礬石、石英変質を受けています。
鉱石鉱物は黄鉄鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱、カンフィールド鉱、銀四面銅鉱、砒四面銅鉱、ナウマン鉱、雑銀鉱、エレクトラム、自然銀、テルル化物、銀硫塩鉱物です。
鉱石のAu:Ag 比は1:3〜1:4 です。鉱床上部では自然金-カンフィールド鉱-銀四面銅鉱-黄銅鉱組合せが卓越しますが、深部では方鉛鉱-カンフィールド鉱-Sn-Ag 鉱物が卓越するようになります。

鉱床は1964 年に発見され、1978年から1992 年にかけて約40tAu が生産されました。鉱石の平均品位は16-18g/tAu とされています(Noklerberg et al.,2005) 。


引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 08:12| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

マガダン州の金鉱床(Julietta鉱床)

Julietta鉱床は、白亜紀後期のカルデラ内部に位置するAu-Ag-硫化物-炭酸塩鉱物-石英脈からなる低硫化型の金鉱床です。
母岩は安山岩、安山岩質玄武岩、安山岩質デイサイトです。
鉱脈は立っており、幅1〜4m、その延長は200〜500mです。主に6条の鉱脈があります
(Strujkova et al.,1996)。

主要鉱石鉱物は自然金、自然銀、銀四面銅鉱、雑銀鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱、ヘッス鉱、針銀鉱、キューバ鉱、磁硫鉄鉱、ナウマン鉱であり、脈石鉱物はアンケライト、方解石、緑泥石、緑廉石、加水雲母です。
鉱石鉱物には2 つのステージからなり、金-多金属ステージの後に金-銀-硫塩鉱物のステージが続きます。
鉱床は1989年に発見され、Northern Mines 社が2001 年より生産を開始しています。

Julietta mine.jpg
図.Julietta鉱山の風景(Northern Mines 社Website)

鉱床は中規模で平均品位は29g/tAu, 325g/tAg とされ、埋蔵鉱量は40tAu, 1,000tAgとなっています(Noklerberg et al.,2005) 。


引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
Strujkova, S. F., Ryjova, O. B., Aristova, V. V., Grygorievb, N. V., Radchenkob, Yu. I., Kolesnikovb, A. G., and Abbottc G. J.(1996): Geological Structure and Ore Mineralogy of the Juliette Gold-Silver Deposit, Northeast Russia. International Geology Review. Volume 38, Issue 7, p625-648.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 12:15| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

マガダン州の金鉱床(Netchen-Khaya鉱床)

Netchen-Khaya金鉱床は雁行形の石英脈、石英-電気石-硫化物脈からなり、白亜紀の斑レイ岩、閃緑岩、花崗閃緑岩、ポーフィリー質花崗岩からなる複合貫入岩体を母岩としています。
鉱体は幅1.5〜2mで、延長100〜200mです。鉱脈はグライゼン帯と関連があるとされています。

鉱石鉱物は硫砒鉄鉱(最大脈の30%を占める)、砒鉄鉱、黄鉄鉱、灰重石、輝水鉛鉱、テルル蒼鉛鉱、輝蒼鉛鉱、自然金および蛍石です。
鉱床は小規模〜中規模で、埋蔵金量は70tAuとのことです(Noklerberg et al.,2005) 。この金鉱床はAg,Sn,Wを伴うGranitoid-related Au鉱床とされています。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 10:14| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

ロシアではニワトリは何て鳴く?コケコッコーじゃなくて○○○○?

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、マガダン州の金鉱床は数多くあるので、ここでいったん休憩します。
金鉱床の話から、なぜかニワトリの話になりますが、ロシアではニワトリは何て鳴くでしょうか?

日本ではニワトリは「コケコッコー」と鳴いていますが、ロシアでは何て鳴いていると思いますか?
lgi01a201412031600.jpg

鳴き声をロシア語で表記すると「кукареку」です。
kukareku.gif
キカペキ?いいえ、ロシア語では「クカレク」と読みます。
英語表記すればKukarekuとなります。

ロシアではニワトリは何て鳴く?
(答え)クカレクー
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 00:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

マガダン州の金鉱床(Shkolnoe鉱床)

マガダン州の金鉱床であるShkolnoe鉱床を紹介します。
Shkolnoeとはロシア語で「学校」という意味です。なぜ金鉱床に「学校」という名前が付いたかというと、このあたりに学童がピクニックに来て、鉱床発見の手掛かりとなる含金石英脈を見つけたからです。
Shkolnoe鉱床はE-W トレンドを持つ雁行形の石英脈群で特徴づけられるGranitoid-related Au 鉱床です。鉱脈は石英閃緑岩および花崗岩からなる約4km2の花崗岩類ストック中に胚胎します。
さらに花崗岩ストックは更に花崗岩ポーフィリーダイク、マフィックダイク、ペグマタイトなどに貫かれています。
Shkolnoe鉱床の地質図.jpg
図.Shkolnoe鉱床の地質平面図および断面図(Noklerberg et al.,2005)

E-W 系の断裂を受ける含金石英脈は変成した粘土化変質帯に囲まれています。主要鉱化帯は幅0.5〜5m、延長800〜2,000mで、個々の脈は脈幅0.1〜1.5m、走向延長20〜200mとなっています。
スカルンやグライゼンタイプの変質も局所的に認められています。
鉱化作用は2つのステージに分かれており、
(1)自然金-多金属鉱化作用(輝水鉛鉱、硫砒鉄鉱、砒鉄鉱、自然ビスマス、テルル化ビスマス、自然金)、(2)硫砒鉄鉱-黄鉄鉱-多金属硫化物鉱化作用(自然金、エレクトラム、銀四面銅鉱、四面銅鉱、Pb-Sb-Ag 硫塩鉱物、輝銀鉱、輝安鉱)
となっています。

鉱体は深部に連続しており、上部でコロイド状、下部で角礫化などの多様な組織を示します。
鉱床規模は中規模とされ、埋蔵金量は32tAuです。1991年から17tAu が生産されました。
平均品位は29g/tAu, 45g/tAgとのことです(Noklerberg et al.,2005) 。
石原(1995)によると金量の75%は石英脈中に産し(平均50g/t)、25%は母岩中の絹雲母-加水雲母-石英変質帯に産します(平均7〜10g/t)。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
石原舜三(1995):北東ロシアの金銀鉱床.地質ニュース.489 号、31-48 頁.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:35| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

マガダン州の金鉱床(Chepak鉱床)

Chepak鉱床は、潜頭性の花崗岩体を覆う三畳紀後期の変成を受けた砂岩および頁岩を母岩とし、変質帯内に発達した高傾斜の石英-硫化物脈および細脈からなる花崗岩類に関連した金鉱床(Granitoid-related Au鉱床)です。
含金鉱体はNE トレンドを持った脈群となっています。母岩の砂岩、頁岩は閃緑岩質ポーフィリーやジュラ紀後期〜白亜紀前期の花崗岩ポーフィリーにより貫入されています。
脈際は珪化、緑泥石化、セリサイト化を受けています。鉱脈は主に石英(30〜40%)、セリサイト、長石、緑泥石、炭酸塩鉱物、燐灰石、硫砒鉄鉱、砒鉄鉱、灰重石、磁硫鉄鉱、黄鉄鉱を含みます。
また稀に黄銅鉱、閃亜鉛鉱、方鉛鉱、自然ビスマス、輝蒼鉛鉱、白鉄鉱、鉄マンガン重石、四面銅鉱、磁鉄鉱、イルメナイト、ルチル、くさび石、電気石、緑廉石、蛍石を伴います。硫砒鉄鉱および砒鉄鉱は脈の20〜40%を占めますので、砒素が高い鉱石と思われます。自然金は細粒で硫砒鉄鉱、砒鉄鉱、磁硫鉄鉱に伴われます。
鉱床規模は中規模とされ、埋蔵金量は30tAu となっています。平均品位は7〜8g/tAu ですが、局所的には最大200g/tAuを示す高品位部もあるようです(Noklerberg et al.,2005) 。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:27| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マガダン州の金鉱床(Utinka鉱床)

Utinka鉱床は熱水変質を受けた安山岩ポーフィリーダイクや堆積岩類を母岩とする含金石英脈鉱床です。
Utinka鉱床周辺の地質図を以下に示します。Utinka鉱床の南東にはDaryalという鉱床があります。

Utinka鉱床地質図.jpg
図.Utinka鉱床周辺地質図(Noklerberg et al.,2005)

鉱石鉱物は硫砒鉄鉱、黄鉄鉱、磁硫鉄鉱などが脈の数%を占めます。そして自然金、方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱、毛鉱、Bi車滑鉱、四面銅鉱、灰重石、白鉄鉱、輝安鉱なども随伴します。
Utinka鉱床は1929 年に発見され、過去に一時期は採掘されました。過去の採掘量は12tAu です。品位は0.1〜3,923g/tAuを示します(Noklerberg et al.,2005) 。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 07:00| Comment(0) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ロシアのニッケル生産量は世界何位?

資源大国のロシアが、いろいろな天然資源で世界何番目の生産量なのかを紹介しています。
今回はニッケルです。
さっそくアメリカ地質調査所USGSのデータに基づき、生産量ランキングを見てみましょう。

ニッケル生産量ランキング表.png
ニッケル生産量ランキング図.png

2014年のニッケル生産量世界一位はフィリピンでした。ロシアは23万9千トンのニッケル生産量で、世界第3位(シェア10%)でした。
2013年まではニッケル生産量はフィリピンとインドネシアがほぼ並んでいました。しかしインドネシア政府がニッケル原鉱などの処理していない粗鉱の輸出を禁止したため、インドネシアは2013年の2位から、2014年は6位まで落ちました。
ニッケル生産量の60%はラテライトなどの酸化鉱、40%は硫化鉱からです。フィリピン、インドネシア、そしてニューカレドニアは酸化鉱です。ロシア、カナダ、南アフリカ、そしてオーストラリアの一部は、ニッケルは硫化鉱の鉱山からによるものです。

ロシアのニッケルの産地は主に2ヶ所です。下図の水色がニッケル鉱山です。
資源分布.jpg
図.ロシアの主要鉱山位置図(JOGMEC,2010)

シベリアの北側、タイミル半島にあるノリリスクニッケルの鉱山で、ロシアのほとんどのニッケルが生産されます。ノリリスク市の周りには、銅とプラチナを含む巨大なニッケル硫化鉱鉱床が広がっており、一部は露天掘りですが、基本は坑内掘りの鉱山が数多く分布します。ノリリスク市の周辺には、ノリリスクニッケル社の選鉱場や製錬所もあり、同社の一大拠点となっています。
Norilisk Nickelのマーク.jpg
Polar divisionの操業.jpg
図.ノリリスクニッケル社の北極圏部門の生産拠点(ノリリスクニッケル社Website)

またコラ半島にあるノリリスクニッケルの鉱山でもニッケルが生産されています。

ロシアのニッケル生産量は世界何位?
(答え):2014年生産量は世界第3位。
ロシアではノリリスクニッケルのノリリスク鉱山が主要なニッケルの生産地。

引用文献
USGS(2016):Mineral Commodity Summaries 2016 NICKEL.
JOGMEC(2010):世界の鉱業の趨勢2010 ロシア.p151-160.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 07:55| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする