2016年06月26日

ロシアではチェスはスポーツ?

頭脳を使うボードゲームであるチェスшахматыはロシアで盛んですが、実はロシアではチェスはスポーツに分類されます。
ロシア人にどうしてチェスがスポーツなのか質問しても、知らないНе знаюというそっけない回答が返ってきます。
とにかくチェスはロシアではスポーツなので、TVではスポーツチャンネルでチェスの試合が放送されます。

playing-chess-vector_23-2147497921.jpg

ロシアにはカルポフとカスパロフという有名なチェスプレーヤーがいます。
アナトリー・カルポフは1951年生まれのチェスの世界チャンピオンです。カルポフは静かな手を非常に好み、難解な局面を避けようとします。チェスは駒を取り戻すことができないため、間違いに気付いた時には修正できないような捨て駒作戦は立てません。派手な打ち方はせず、急がず慎重に少しずつ優位になる手を打つ名プレーヤーです。

200px-Karpov,_Anatoly_(Flickr).jpg
第15代、第17代公式世界チャンピオン アナトリー・カルポフ(Wikipedia)

ガルリ・カスパロフは1963年アゼルバイジャン生まれの天才チェスプレーで、15年もの間チェスの世界チャンピオンのタイトルを保持し続けた人物です。カスパロフは10歳の時にチェスの学校に入り、英才教育を受けました。1980年の世界ジュニアチェス選手権で優勝し、10代から将来有望な若手として注目を浴びました。
200px-Kasparov-29.jpg
第16代公式世界チャンピオン ガルリ・カスパロフ(Wikipedia)

1984年のチェス世界選手権で、世界チャンピオンであった王者カルポフに、若き天才プレイヤーとなったカスパロフが挑戦しました。後に伝説の死闘となる勝負は先に6勝した方が勝ちという条件で始まりました。勝負は最初はカルポフが優勢で先に4勝しました。その後17局連続引き分けとなり、第27局でカルポフが勝ち5勝0敗22引き分けとし王手をかけました。
しかしその後カスパロフは引き分けで粘り、ついに第32局でカスパロフが初勝利しました。その後5週間にわたり引き分けが続きましたが、カスパロフは次第に巻き返してきました。
第48局でカルポフ側の5勝3敗40分となったところで、ソ連スポーツ省(やはりチェスはスポーツですね)から圧力がかかり国際チェス連盟は対戦を中止すると発表しました。こうして5カ月に及ぶ名勝負は勝者が決まらないまま幕を閉じました。

1985年の再戦は、伝統的な24局マッチで行われました。第1局からカスパロフが勝利し、最終的にカスパロフが5勝3敗15分で勝利し、当時の史上最年少世界チャンピオンとなりました。
Kasparov-12.jpg
1985年の世界チャンピオン決定戦(Wikipedia)

カスパロフは1993年まで世界チャンピオンの座を守りましたが、カスパロフからチャンピオンを奪ったのもカルポフでした。

カルポフとカスパロフという名プレーヤーのお陰で、ロシアでのチェス人気は高いです。チェスのルールはそんなに難しくありませんので、たいていのロシア人はチェスができます。
あなたがロシア語を話せなくても、ロシア人とチェスで楽しむことができます。
知っておかなければいけない単語はチェック(王手)にあたるシャフшах、チェックメイト(詰み)にあたるマットматだけです。チェスという単語シャフマティшахматыは、チェック+チェックメイトが合わさってできた単語です。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 05:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

サハ共和国の金鉱床(Nezhdaninskoye鉱床)

ロシア企業のPolyus Gold社が2006年に権益を獲得した金鉱床であるNezhdaninskoye鉱床を紹介します。Nezhdaninkaと表記されることもあります。
鉱床はヤクーツクの東約480kmに位置しています。

Nezhdaninskoye位置図.jpg
図.Nezhdaninskoye鉱床位置図(ロシア語版Wikipedia)

1973年から1993年まで一時期採掘され、およそ2百万トン(平均品位7.6g/tAu)の鉱石が採掘されましたが、その後金価格の低迷により閉山となりました。

金を含む鉱石は以下の3箇所に存在します。
(1)最大幅40m、延長5.4kmに及ぶ高傾斜のシアゾーン
(2)幅1.2m、延長200mの石英脈
(3)シアゾーン中のレンズ状石英脈

鉱脈は石英、炭酸塩、硫砒鉄鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱、灰重石、セリサイト、曹長石、黄銅鉱、四面銅鉱、輝安鉱、自然金、Pb-Cu硫塩鉱物を含みます。
前期の自然金-黄鉄鉱-硫砒鉄鉱脈と後期の自然金-硫化物-石英脈があります。
母岩は石炭紀からペルム紀の砂岩および頁岩で、主に珪化変質を受けています。
鉱床は深部方向に1,000m以上続くとされ、ボーリングの他、7つのレベルで坑道探鉱が行われています。

Nezhdaninskoye deposit.png
図.Nezhdaninskoye鉱床の風景

この鉱床はロシアでも大規模金鉱床とされ、ロシア語版Wikipediaでは117つの鉱体の内、37つの鉱体で鉱量が評価され、埋蔵金量は680tAuとなっています。

2015年12月にPolymetal International社はPolyus社とNezhdaninskoyeの開発についてJV契約を締結しました。この時の公表された鉱量は123.262Mt@5.13g/tAuであり、埋蔵金量は632tAuとなっています。Polymetal International社が投資をして、フィージビリティ・スタディを完成させれば、権益の50%を獲得してオペレータとなる契約となっています。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:30| Comment(0) | サハ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ロシアの天然ガス生産量は世界何位?(2015年版)

2016年6月イギリスの石油大手BPはStatistical Review of World Energy 2016(世界エネルギー統計2016)を発表しました。
2015年の国別天然ガス生産量が判明しましたので、2015年版のロシアの天然ガス生産量を説明します。
(→2014年の天然ガス生産量ランキングはこちら
天然ガス生産量ランキング表2015.png天然ガス生産量ランキング図2015.png

かつてはロシアが世界最大の生産国でしたが、2009年にアメリカに抜かされ、現在ロシアは世界2位となっています。アメリカの生産量が急激に増加したのは、シェールガスが商業ベースに乗ったことが大きな理由となっています。
第3位はイランです。イランは2015年にカタールを抜かし第3位になりました。イランは実は世界最大の天然ガス埋蔵量を持っています。ロシアの埋蔵量は世界2位です。
第4位以降はカタール、カナダ、中国、ノルウェー、サウジアラビア、アルジェリア、インドネシアと続きます。

ロシアの天然ガスは主に北極海に面したヤマル半島で産出します。ヤマル半島からヨーロッパの国々にパイプラインで送られていますが、備蓄が効かないパイプライン輸送は末端の需要に大きく左右されやすい特徴があります。
ロシア-欧州天然ガスパイプライン網.jpg
図.ロシアから欧州への天然ガス・パイプライン網(荒井,2014)

2015年のロシアの天然ガス生産量は5,730億m3でしたが、そのうち約3分の1にあたる1,930億m3がパイプラインで輸出されました。2015年の天然ガスの輸出先ランキングは以下です。
1位 ドイツ 452億m3
2位 トルコ 266億m3
3位 イタリア 240億m3
4位 ベラルーシ 168億m3
5位 ベルギー 109億m3
6位 フランス 95億m3
7位 ポーランド 88億m3
8位 ウクライナ 70億m3
9位 ハンガリー 58億m3
10位 カザフスタン 50億m3

一方、日本はロシアから天然ガスを輸入していますが、ロシアと日本の間にはパイプラインがありませんので、天然ガスは積み出し港で液化されLNG(液化天然ガスLiquefied Natural Gas)として専用の船で日本まで運ばれます。

東シベリア・極東ロシアのパイプライン.png
図.東シベリア・極東ロシアのパイプライン(荒井、2014)

2015年のロシアのLNG輸出量は145億m3でしたが、そのうち約8割に当たる115億m3が日本向けでした。日本への天然ガスはサハリン島北部で産出したものがほとんどです。

日本は外国とのパイプラインがないため、天然ガスをLNGで輸入しています。2015年の輸入実績は1,206m3でした。2015年の日本のLNGの輸入先ランキングは以下です。
1位 オーストラリア 250億m3
2位 カタール 219億m3
3位 マレーシア 203億m3
4位 ロシア 115億m3
5位 インドネシア 78億m3
6位 UAE 77億m3
7位 ナイジェリア 65億m3
8位 ブルネイ 59億m3
9位 オマーン 47億m3
10位 パプアニューギニア 30億m3

オーストラリアは2015年実績で世界第14位の天然ガス生産量(498億m3)でしたが、LNGの輸出はほぼ日本向けです。以下に天然ガスの輸送方法(パイプライン・LNG)ごとにわけた輸出のフォロー図を示します。
天然ガスフロー.jpg
図.2015年の天然ガス(パイプライン・LNG)輸出フロー(BP,2016)

ロシアの天然ガス生産量は世界何位?
答え:2015年は世界第2位。

引用文献
BP(2016):Statistical Review of World Energy 2016.
荒井智裕(2014):どこに向かうのかロシア−東方に敢然と流れ出す石油天然ガス−.石油・天然ガスレビュー.2014.9 Vol.48 No.5.p55-67.



posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 23:02| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアの原油生産量は世界何位?(2015年版)

2016年6月にイギリスの石油大手BPはStatistical Review of World Energy 2016(世界エネルギー統計2016)を発表しました。それでは2015年の国別原油生産量を見てみましょう。
(→2014年の原油生産量ランキングはこちら

原油生産量ランキング表2015.png
原油生産量ランキング図2015.png
(注)原油生産量は、原油、シェールオイル、オイルサンド、NGLを含み、バイオマス、石炭派生物、天然ガスなどによる液体燃料は除きます。

2015年の原油生産量第1位はアメリカでした。2014年に39年ぶりに1位に返り咲いたアメリカが首位を維持しました。世界生産量の14%を占める12,704バレル/日の生産量で、前年比+8.4%の増となっています。
第2位は前年同様サウジアラビア、ロシアも第3位を維持しました。

アメリカは、「シェール革命」によるシェールオイルの増産が寄与して生産量が毎年増えています。アメリカではこれまで原油を輸出することが禁止されていましたが、生産量が増えすぎた結果、原油在庫が増えるという事象が発生しました。そのためアメリカは40年ぶりに原油の輸出を再開しました。

アメリカやカナダの北米のシェールオイルが着目されていますが、ロシアではシェールからの原油生産はほとんどないとされています。でもシェールオイルは北米の専売特許ではありません。ロシアにも実はシェールオイル・シェールガスはあります。
アメリカエネルギー情報局US Energy Information Administration(EIA)による世界のシェールオイル・シェールガスの分布図を示します。
赤色はシェールオイル・シェールガスの埋蔵量が計算されている盆地です。肌色は存在が確認されているものの、埋蔵量が計算されていない盆地です。
ロシアにも広くシェールオイル・シェールガスが分布しているのがわかります。今後探査が進めば埋蔵量も増えてくるでしょう。ただしロシアの場合、コストの安い油田がありますので、わざわざコストが高くつくシェールオイルを現時点で活用する必要性があまりありません。
シェールガスシェールオイル分布.jpg
図.世界のシェールオイル・シェールガス分布図(EIA website)

世界第4位原油生産量はカナダ、第5位は中国となりました。第6位のイラクは前年8位より順位を上げました。第10位にはベネズエラが入りましたが、実はベネズエラは現在、世界最大の原油埋蔵量を持っています。ベネズエラのヘビーオイル(超重質油)も埋蔵量に加算されるようになったため、10年前の2005年末に比べ3.75倍に埋蔵量が増えました。

最後に日本とロシアの原油輸入・輸出状況をBP(2016)から説明します。
日本は2015年に1,678万トンの原油を輸入しました。その内、83.2%にあたる1,397万トンは中東の国々からの輸入です。ロシアからの原油輸入量は142万トンで、日本の輸入量の8.5%でした。
ロシアは2015年に2,547万トンの原油を輸出しましたが、ヨーロッパ向けが62.2%の1,585万トンでした。日本への輸出量は142万トンですので、ロシアの原油輸出量の5.6%は日本向けです。

ロシアの原油生産量は世界何位?
答え:2015年は世界3位。

引用文献
BP(2016):BP Statistical Review of World Energy June 2016
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 04:05| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

サハ共和国の金鉱床(Tabornoe鉱床とGross鉱床)

ロシアやアフリカで金鉱山を操業するNordgold社のTabornoe鉱床を紹介します。この鉱床は現在Neryungri鉱山として開発されています。サハ共和国第2位の都市で炭鉱街があるネリュングリNeryungri(人口約6万)が位置するNeryungri地方に鉱山があることからNeryungri鉱山と呼ばれています。
Nordgold社は2007年にTabornoe鉱床を含む鉱山の権益を、現在も露天掘りで操業を続けています。バム鉄道のIkabya駅より125q北東に位置しています。

Neryungri+gross位置図.jpg
図.Neryungri鉱山(Tabornoe鉱床)位置図(Nordgold,2016a)

この鉱床ではオープンピット採掘、ヒープリーチングにより金を生産しています。しかしながら冬の寒さが大変厳しく、冬のリーチング操業では浸出液が凍結するため困難です。そのため金の大部分は夏〜秋に生産されています。
Neryungri鉱山オープンピット.jpg
図.Neryungri鉱山Tabornoe鉱床オープンピット(Nordgold,2016b)

2015年は4.211Mt@0.69g/tAuの鉱石が処理されてました。2015年の金生産量は84.1kozでした。
2015年12月末時点の可採鉱量(Proven&Probable)は32.6Mt@0.73g/tです。
2016年からは周辺の衛星鉱体であるTrench7とTyomnyの開発も始まります。
Tabornoeピットと周辺鉱体.jpg
図.Tabornoe鉱床の衛星鉱体と2016年試錐計画(Nordgold,2016c)

またNordgold社はNeryungri鉱山より5km東にあるGross鉱床の開発も行っています。可採鉱量は370.43Mt@0.73g/tAuが計上されています。2016年より開発を進め、2年以内に生産を開始する予定です。マインライフは17年が予定されています。
gross鉱床の探鉱現場.jpg
図.Gross鉱床試錐現場(Nordgold,2016a)

引用文献
Nordgold(2016a):Nordgold: Exploring for Resource Growth. Howard Golden, Exploration Director / NORD LI (LSE). PDAC Presentation. March, 2016.p18.
Nordgold(2016b):2015 Integrated Report.p329.
Nordgold(2016c):Nordgold: Exploring for Resource Growth Howard Golden, Exploration Director. Presentation. April 14, 2016.p35.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:23| Comment(0) | サハ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

ロシアのモリブデン生産量は世界何位?

地下資源の産出量国別ランキングは、今回、レアメタルの一つであるモリブデン(元素記号Mo)を紹介します。
モリブデンは二硫化モリブデンが潤滑油やエンジンオイルの添加剤に用いられることがありますが、メインの用途は各種合金鋼の添加元素に利用され、硬化を高めるために使用されます。
それではアメリカ地質調査所のデータから、2014年のモリブデン産出量を見てみましょう。
モリブデン生産量ランキング表.pngモリブデン生産量ランキング図.png

モリブデン生産量第一位は中国でした。次にアメリカ、チリ、ペルーと続き、ロシアは世界第8位の4,800トン(世界シェア2%)の生産量でした。
モリブデンの鉱物はいろいろがありますが、モリブデンの資源としては重要なのは輝水鉛鉱Molybdeniteです。モリブデンの鉱山には主に2種類あります。輝水鉛鉱を主体とするプライマリーMo鉱山と、斑岩銅鉱床で銅精鉱の副産物として回収されるバイプロダクトMo鉱山の2種類です。
2011年Mo操業山.jpg
図.2011年の主要Mo操業鉱山(中山、2013)

モリブデン生産量第1位の中国は90%以上がプライマリーMo鉱山です。第2位のアメリカは両方あります。第3位のチリ、第4位のペルーはほとんどがバイプロダクトMo鉱山です。

世界第8位のロシアでは主要なMo鉱山は、2つのプライマリーMo鉱山があります。上図の36番のSorsky鉱山、37番のZhireken鉱山です。いずれの鉱山もSRK社というロシアのモリブデン生産会社により、オーピンピットにて採掘が続けられている鉱山です。

Sorsky鉱床は1937年に発見され、1950年より採掘がはじまりました。現在の年間採掘量はおよそ10Mtです。
Zhireken鉱床は1958年に発見され、1961-66年に一時採掘されました。1988年以降採掘が再開され、現在の年間採掘量はおよそ4Mtです。

ロシアのモリブデン生産量は世界何位?
(答え)2014年は世界第8位。ロシアの主要モリブデン鉱山はSorsky鉱山、Zhireken鉱山の2つ(プライマリーMo鉱山)。

引用文献
USGS(2016):Mineral Commodity Summaries 2016 MOLYBDENUM.
中山健(2013):モリブデン、タングステンおよびバナジウム 資源の存在状況と探査・生産動向.平成24年度(第10回)金属資源関連成果発表会.独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構.平成25年3月.頁29.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:13| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

サハ共和国の金鉱床(Kuranakh鉱床)

Kuranakh鉱床はPolyus Gold International 社が露天掘りで操業を続ける金鉱山で、2015年は144.7KozAuの生産がありました。Kuranakh鉱床の位置を示します。
Kuranakh鉱床位置図.png
図.Kuranakh 鉱床位置図(Polyus Gold International 社Website)

鉱床は11もの鉱体からなり、これらの鉱体はジュラ紀の砂岩などの堆積岩中に胚胎しています。
鉱体は伸長したレンズ状の形状をなしており、その厚さは1mから数十mです。
金粒は細粒で概して直径3μm以下であり、黄鉄鉱と共生しているそうです。

鉱山は40 年にわたって操業が続けられ、これまでおよそ75Mt が採掘されました。
2015年の鉱石採掘量は3.996Mt@1.31g/Auでした。

Kuranakhピット.png

Kuranakh採掘.png
図.Kuranakh 鉱床のオープンピット(Polyus Gold International 社Website)

Polyus Gold International 社のWebsiteによるとKuranakh 鉱床の2015年12月末時点可採鉱量(Proven and Probable)は53.9Mt@1.38g/tAuです。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 09:53| Comment(0) | サハ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

サハ共和国の金鉱床(概要)

極東ロシアの金鉱床の紹介は、いよいよ極東最大の面積を持つサハ共和国を説明します。サハ共和国は面積は310万km2で、アルゼンチンの国土の広さを上回ります。人口は約95万人。
州都はヤクーツク(人口約22万)です。
サハ共和国位置図.jpg
図.サハ共和国位置図

サハ共和国には石油、天然ガス、石炭、金、銀、ダイヤモンドなど非常に多様かつ豊富な地下資源があります。特に、ロシア全土で産出するダイヤモンドの99%がサハ共和国産です。ロシアは世界第1位のダイヤモンド生産量を誇ります。

サハ共和国の産業は、鉱業の他、木材産業、木材加工業があります。
ヤクーツクまで鉄道を延長する計画があるものの、実現には至っていません。
アムール州からヤクーツクまでは幹線道路があります。しかしヤクーツクからマガダンに至るコイルマ道は幹線道路といえどもほとんどが未舗装です。道路の舗装率は約8%です。

サハ共和国の地質の大部分はシベリアクラトンであり、地質的には極東よりもシベリアの一部であると言えます。原生代の火成岩体はサハ共和国の南側に認められます。ジュラ紀から白亜紀にかけてのYasachnaya River火山深成岩帯はマガダン州からサハ共和国の南東部まで続きます。
ロシア地質調査研究所VSEGEIのAu-Ag鉱産図によると、金鉱床はサハ共和国の東側および南側に多く分布しています。
サハ共和国のAu-Ag鉱産図.jpg
図.サハ共和国のAu-Ag鉱産図(VSEGEI)

サハ共和国ではダイヤモンド鉱床の他、金-銀鉱床、錫-タングステン鉱床、ウラン鉱床などがあり、稼働している鉱山も多いです。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 00:10| Comment(0) | サハ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ロシアでは新婚カップルは合理化?を迫られる?

チュクチ自治管区の金鉱床の紹介が終わったのでここで休憩。

ロシアでは新婚カップルは合理化?を迫られるというお話。
wedding_white.png

ロシアでは、新婚カップルに対して友人達がみんなでゴーリカ!ゴーリカ!Горька!Горька!と囃し立てます。ゴーリカГорькаとはロシア語で苦いという意味です。"苦いから甘いキスを見せてくれよ"つまり新婚の二人に対してキスしてと盛り上げているのです。

日本人の私には合理化!合理化!とカップルに対してスローガンを言っているように聞こえます。別々に暮らしていた二人が一緒に生活するのですから、生活費は合理化されますよね?
ラベル:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

チュクチ自治管区の金鉱床(まとめ)

チュクチ自治管区は、日本の約2倍の面積がありながら、人口はわずか5万人足らずの地域です。そしてソビエト連邦崩壊以降、過疎化が著しい地区でもあります。
過酷な自然環境(限られた探鉱シーズン)、乏しいインフラ、そして鉱山を稼働させるに至っては、地域の労働力不足がネックとなります。
Kinross のKupol 鉱山では約1,000 人の労働力を地元で確保するのに苦労したそうです。

チュクチ自治管区では優良な金の鉱床が多いのが特徴であり、開発中・稼働中の案件も多いです。低硫化型の鉱脈型鉱床として代表的なものはKupol鉱床があります。
Kupol鉱床は現在坑内掘りで開発中で、その産金量は極東ロシア最大です。

金を伴う斑岩型銅-モリブデン鉱床としては極東ロシア最大のPeschanka鉱床があります。Peschanka鉱床が発見されたのは1960年代ですが、これまで開発には至っていません。ゆっくりですが探鉱が進められ、開発に向けて進んでいます。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 07:31| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする