2016年03月31日

日本の中のロシア(稚内市)

アムール州の金鉱床の紹介が終わったので、ここでロシアの地下資源の紹介も一服。
先日、プライベートで稚内に行ってきました。稚内市はサハリンのコルサコフ市およびユジノサハリンスク市と友好都市を結んでおり、かつてはコルサコフ港との定期航路もありました。
稚内市では道路の案内標識にロシア語の併記があることで知られています。ちなみに道民は道路案内標識のことをアオカン(青看)と言うのが普通です。

aokan.JPG
図.稚内市内の道路案内標識

市内のバス乗り場にもロシア語表記でАвтобусная остановкаとあります。
busstop.JPG
図.バス乗り場のロシア語表記

商店の壁にもロシア語の表記があります。下の看板は相沢商店の看板です。
aizawa.jpg
図.相沢商店の壁にあるロシア語表記

もし稚内に行く機会があれば、ロシア語の表記を探してみるのも面白いですね。

(追伸)稚内市とコルサコフを結ぶフェリーが再開されることになりました。2016年は夏だけの週2回、計16往復岳の運航ですが、今後も継続すると良いですね。稚内とサハリンを一緒に観光するのも面白いと思います。
ラベル:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 20:21| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]