2016年06月21日

サハ共和国の金鉱床(Nezhdaninskoye鉱床)

ロシア企業のPolyus Gold社が2006年に権益を獲得した金鉱床であるNezhdaninskoye鉱床を紹介します。Nezhdaninkaと表記されることもあります。
鉱床はヤクーツクの東約480kmに位置しています。

Nezhdaninskoye位置図.jpg
図.Nezhdaninskoye鉱床位置図(ロシア語版Wikipedia)

1973年から1993年まで一時期採掘され、およそ2百万トン(平均品位7.6g/tAu)の鉱石が採掘されましたが、その後金価格の低迷により閉山となりました。

金を含む鉱石は以下の3箇所に存在します。
(1)最大幅40m、延長5.4kmに及ぶ高傾斜のシアゾーン
(2)幅1.2m、延長200mの石英脈
(3)シアゾーン中のレンズ状石英脈

鉱脈は石英、炭酸塩、硫砒鉄鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱、灰重石、セリサイト、曹長石、黄銅鉱、四面銅鉱、輝安鉱、自然金、Pb-Cu硫塩鉱物を含みます。
前期の自然金-黄鉄鉱-硫砒鉄鉱脈と後期の自然金-硫化物-石英脈があります。
母岩は石炭紀からペルム紀の砂岩および頁岩で、主に珪化変質を受けています。
鉱床は深部方向に1,000m以上続くとされ、ボーリングの他、7つのレベルで坑道探鉱が行われています。

Nezhdaninskoye deposit.png
図.Nezhdaninskoye鉱床の風景

この鉱床はロシアでも大規模金鉱床とされ、ロシア語版Wikipediaでは117つの鉱体の内、37つの鉱体で鉱量が評価され、埋蔵金量は680tAuとなっています。

2015年12月にPolymetal International社はPolyus社とNezhdaninskoyeの開発についてJV契約を締結しました。この時の公表された鉱量は123.262Mt@5.13g/tAuであり、埋蔵金量は632tAuとなっています。Polymetal International社が投資をして、フィージビリティ・スタディを完成させれば、権益の50%を獲得してオペレータとなる契約となっています。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:30| Comment(0) | サハ共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]