2016年07月24日

サハリン島の銅鉱床(Novikovskoe鉱床とRys'e鉱床)

サハリン島は面積7.64万km2を持つ島で、北海道(面積7.81万km)よりもわずかに小さい島です。
サハリン島の東側には、Aniva-Nabil鉱床区と呼ばれるVolcanic Mn鉱床、Volcanic Fe鉱床と共にキプロス型の塊状硫化物銅鉱床が産するベルトがあります。
Aniva-Nabil鉱床区.jpg
図.サハリン島のAniva-Nabil鉱床区と銅鉱床の位置

サハリン州の州都であるユジノサハリンスクから内以東へ約80km、アニバ湾に面したノヴィコヴォNovikovo(日本名:弥満やまん)には、Novikovskoe鉱床があります。Novikovskoe鉱床はキプロス型塊状硫化物鉱床?とされる鉱床で、プロピリティック変質を受けた塩基性火山岩中に硫化物鉱染が認められます。
主要鉱石鉱物は黄銅鉱、黄鉄鉱であり、方鉛鉱、斑銅鉱、四面銅鉱、輝銅鉱、藍銅鉱を随伴します。
母岩は石英-セリサイト-炭酸塩からなる熱水変質を被っています。
鉱染帯の厚さは0.1〜0.7mと小規模とされ、平均品位は1%Cu, 0.1%Pb, 0.1%Znです。
この鉱床はロシア地質調査研究所が出版している地質図にも記載されています。
l-54-xviii-karta-poleznyh-iskopaemyh-sssr-seriya-sahalinskaya.jpg
図.ロシア地質調査研究所VSEGEI発行の地質図幅「L-54-XVIII」

Novikovo周辺を拡大した地質図を示します。図中の22番(銅鉱床のシンボル)がNovikovskoe鉱床です。
l-54-xviii-karta-Novikovskoe.jpg
図.Novikovo地区の拡大図

またサハリン島中部のテルペニア湾付近にもRys'eと名付けられたキプロス型塊状銅鉱床があります。
厚さ0.1~0.5mのゾーンに黄鉄鉱、黄銅鉱、閃亜鉛鉱、方鉛鉱、石英、セリサイト、緑泥石を含みます。
母岩は白亜紀前期の火山岩類とチャートです。
Rys'e鉱床は小規模とされ、平均品位は0.5~1.0%Cu, 0.1~0.2%Pb, 0.1~0.2%Znです。
タグ:サハリン
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 09:04| Comment(0) | サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]