2016年10月11日

カムチャッカ地方の銅鉱床(まとめ)

これまで紹介してきたカムチャッカ地方の銅鉱床をまとめます。
銅鉱床としてはポーフィリーカッパー鉱床と塩基性岩に伴われるCu-Ni鉱床があります。

カムチャッカ半島にはCentral Kamchatkaと呼ばれるポーフィリーベルトがあります。
代表的な鉱床としてKirganik鉱床Krasnogorskoe鉱床Malakhitovoe鉱床があります。

Volkov et al.,2006.jpg
図.極東ロシアのポーフィリーカッパーベルト(Volkov et al.,2006)

カムチャッカ半島の付け根にはKoryakと呼ばれる別のポーフィリーベルトがあります。代表的な鉱床はLalankytap鉱床です。

塩基性岩に伴われるCu-Ni鉱床としては、カラギンスキー島のKaragin Group鉱床、カムチャッカ半島の南西部にあるニッケルベルトにはShanuch鉱床Kvinum鉱床があります。このうちShanuch鉱床では、高品位ニッケル鉱体の開発が始まっています。

引用文献
Volkov A.V., Savva N.E., Sidorov A.A., Egorov V.N., Sharavalov V.S., Prokofev V.Y., and Kolova E.E.(2006): Spatial distribution and formation conditions of Au-bearing porphyry Cu-Mo deposits in the Northeast of Russia., Geology of Ore Deposits, Volume 48, Number 6, 448-472.
ラベル:カムチャッカ
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 05:27| Comment(0) | カムチャッカ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]