2016年10月27日

沿海地方の銅鉱床(Lazurnoe鉱床)

極東ロシア、沿海地方のシホテアリンベルトに産するポーフィリー銅鉱床の中で最も研究されているLazurnoe銅Cu-モリブデンMo鉱床を紹介します。
Lazurnoe鉱床では白亜紀前期の堆積岩を貫く2つの岩体があり、西側はおよそ0.8×1.6q、東側は2.0×1.5 qの大きさがあります。
Lazurnoe1.jpg
図.Lazurnoe 鉱床の地質平面・断面図(Gonevchuk et al.,2009)

西側の貫入岩体は更に、北部ストックと南部ストックに分けられます。
北側ストックは漏斗型の形状を示していて、中心部の岩相はモンゾ閃緑岩ポーフィリーとなっています。
北側ストックの方が銅品位が高く、黄銅鉱、斑銅鉱、輝銅鉱、輝水鉛鉱などが確認されます。

Lazurnoe2.jpg
図 . Lazurnoe 鉱床西鉱体の地質平面図(Sakhno et al.,2011)

西側の貫入岩体では、弱い黒雲母化、長石化、緑泥石化を受けています。
鉱化作用は主にプロピリティック変質と弱珪化変質、カリ長石変質帯中に鉱染状の黄銅鉱、輝水鉛鉱および黄鉄鉱が認められます。
硫化鉱物を含む石英脈のストックワークゾーンはおよそ東西500×南北60m の範囲です。
細脈および鉱染状の鉱石は、深度300mまで続いています。

また閃緑岩中の角礫化ゾーンでは、フラグメントが鉱染状の細粒輝水鉛鉱を含む暗灰色石英によってセメンチングされているのが確認されます。
母岩側でも硫化鉱染は認められます。

東側の貫入岩体では緑泥石が2 次鉱物として普遍的に認められ、鉱化作用は鉱染状の黄銅鉱、輝水鉛鉱、黄鉄鉱と稀に閃亜鉛鉱、方鉛鉱を伴う白色石英脈で特徴づけられます。

東側と西側の両岩体とも、アプライトや花崗閃長岩のダイクを含有します。
貫入岩はCu を含むとともに錫Sn もわずかに含みます。

このLazurnoe 鉱床はRio Tinto とロシア貴金属鉱山会社Polymetal 社の親会社であるロシア投資会社ICT Group 社とのJV により探鉱されています。
ICT Group 社の2012 年2 月1 日付けPress Release によると、本ポーフィリーは70 年間にわたり調査がなされていたが、わずか32.2Mt@0.48%Cu, 0.24g/tAu が計上されていたのみであったとのこと。
2005 年にPhelps Dodge 社がオークションによりLazurnoe 鉱床の25 年間のライセンスを獲得し、その後、紆余曲折を経て、サンクトペテルブルグの探鉱会社に権益が渡り、RioTintoのキプロス子会社とICT Group 社がこの探鉱会社を買収しています。

引用文献
Gonevchuk V. G., Krylova T. L., Orekhov A. A., Gonevchuk G. A.and Kokorina D.K.(2009): Specific features of the fluid regime during the formation of systems with copper-molybdenum-gold and copper-tin mineralizations (Iskra-Soboliny knot, Kavalerovo ore district, Primorye) ., Russian Journal of Pacific Geology,Vol.3(1), p3-18.
Sakhno.V.G., Kavakenko, S.V., Alenicheva, A.A.(2011): Monzonitoid magmatism of the copper-porphyritic Lazurnoe deposit (South Primor’e): U-Pb and K-Ar geochronology and peculiarities of ore-bearing magma genesis by the data of isotopic-geochemical studies., Doklady Earth Sciences, Vol.438, No.1, p569-577.
タグ:沿海地方
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 08:05| Comment(0) | 沿海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]