2016年12月02日

沿海地方の銅鉱床(Malakhitovoe鉱床)

ウラジオストクの北東500kmの沿海地方の北端、ハバロフスクの南150kmにMalakhitovoe銅鉱床は位置しています。
pi_met_Malakhitovoe.jpg
図.沿岸地方の鉱産図Malakhitovoe鉱床周辺の拡大(VSEGEI)

鉱床の名前は酸化銅鉱物である孔雀石Малахитを意味しています。
Malakhitovoeポーフィリー型Cu-Mo鉱床は白亜紀前期の砂岩/シルト岩および頁岩を母岩と、これらを貫く安山岩ポーフィリーおよび角礫ゾーンからなります。
変質帯の大きさは200×200mです。
鉱物組み合わせは
(1) 石英-黒雲母-緑閃石-輝石&緑廉石;
(2)石英-黒雲母-緑閃石;
(3) 石英-黒雲母-セリサイト(±緑泥石);
(4) 石英-加水雲母(+炭酸塩)
です。ストックワーク帯では(1)〜(3)の組み合わせが認められ、黄銅鉱、斑銅鉱、黄鉄鉱を伴う最大2〜3cm幅の石英-緑簾石-緑閃石細脈およびレンズ状脈からなっています。
角礫化したチャートとシルト岩は深さ100mまで試錐探鉱されています。
角礫ゾーンでの鉱石鉱物は黄銅鉱、斑銅鉱、輝水鉛鉱、黄鉄鉱を主体とし、稀に磁硫鉄鉱、キューバ鉱、硫砒鉄鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱を伴います。
炭酸塩脈もしばしば黄銅鉱を伴う特徴があります。
品位はストックワーク帯のポーフィリーで0.1〜1.6%Cu,角礫ゾーンで最大0.5%Cuであるとされています(Petrachenko & Petrachenko,1985)。

ロシア地質調査研究所VSEGEIの沿海地方の鉱産図ではMalakhitovoe鉱床(501番)は銅鉱床として極めて小規模として登録されています。

引用文献
Petrachenko, E.D., and Petrachenko, R.I., 1985, Copper molybdenum mineralization in the Kuril-Kamchatka arc and the East Sikhote-Alin volcanic belt: U.S.S.R. Academy of Sciences, Far East Geological Instiute,Vladivostok, 275 p. (in Russian).
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 09:35| Comment(0) | 沿海地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]