2016年12月02日

ロシアのとてもありがたいワインとは?

“沿海”地方の銅鉱床の紹介が終わりましたので、ここで“宴会”です。
ワインで乾杯です。
ロシアには人々に「ありがてえ」「ありがてぇ」と呼ばれ続けているワインがあります。

arigate.png
ロシアのありがたいワインとは?
(注:コマの人はロシア人ではありません)

そのありがたいワインはロシア語でАлиготеと書きます。産地はクリミアКрымです。

Aligote wine.JPG
ロシアワインАлиготе(英語表記:Aligote)

アリゴテAligoteという葡萄品種から作られたワインですが、ロシア語ではアクセントの関係で「アリガテ」と発音されます。
「ありがてぇ」と呼ばれ続けているワインは、「アリガテ」という名のワインでした。

ロシアのお酒といえばウォッカが強烈なインパクトがありますが、ロシアの南側、北カフカス地方の黒海沿海にはブドウ畑とワイナリーがあります。

rus_wine_reg_260.gif
図.ロシアのワインの産地
(RussiaWineさんのWebsiteより)
https://russiawines.wordpress.com/category/russian-wine-regions/

特にクリミア半島の反対側とも言えるクラスノダール地方には多くのワイナリーがあり、黒海に面した街ノヴォロシースク市西約10kmにあるアブラウ・ドゥルソー・ワイナリーは、ロシアでもっとも有名なワイナリーです。
Abrau-Durso位置図.png
図.アブラウ・ドゥルソー・ワイナリーの位置図
(RussiaWineさんのWebsiteより)

Abrau-durso plant.jpg
図.アブラウ・ドゥルソー・ワイナリー

このワイナリーにはノヴォロシースク市から路線バス(マルシュルートカ)で行くことができます。値段はいくらか忘れましたが、バスの運賃はとても安かったです。
このワイナリーはアブラウ湖に面しており、ワイナリー見学のほか、湖でボート遊びもできます。マトリョーシカを売っているお土産屋さんやレストランもあり、観光地になっています。

さてアブラウ・ドゥルソーのワインですが、ここのワインは白のスパークリングワインが有名です。
どんな味かはワイナリーで試飲できますが、いちいち黒海まで行かなくても今はネットショップでロシアワインが買えるようになりました。

ロシア皇帝が作らせた皇帝ワイン“ソビエトシャンパン” 【ロシアワイン】アブラウドゥルソ
http://item.rakuten.co.jp/eatsales/10000754/
rakutenのロシアワイン.png

上記の楽天のサイトでは以下のとおりの紹介があります。
★特徴★
繊細な輝きを放つ黄金色。瓶内二次発酵で造られ、きめ細かい気泡が美しく長く続き、遊び心さえ感じる。花々のアロマと果物のフレッシュな風味が心地よく、後味はすっきりと優雅。食前酒にはもちろん、お祝いの席の様々な料理と楽しめる。ロシア皇帝及びその家族のみしか飲む事が許されなかった伝説のワイン。その希少さから"ロシア皇帝ワイン"や”ソビエトシャンパン"と呼ばれている。

みなさんもロシアワインはいかがですか?
ラベル:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]