2016年12月02日

ロシアのとてもありがたいワインとは?

“沿海”地方の銅鉱床の紹介が終わりましたので、ここで“宴会”です。
ワインで乾杯です。
ロシアには人々に「ありがてえ」「ありがてぇ」と呼ばれ続けているワインがあります。

arigate.png
ロシアのありがたいワインとは?
(注:コマの人はロシア人ではありません)

そのありがたいワインはロシア語でАлиготеと書きます。産地はクリミアКрымです。

Aligote wine.JPG
ロシアワインАлиготе(英語表記:Aligote)

アリゴテAligoteという葡萄品種から作られたワインですが、ロシア語ではアクセントの関係で「アリガテ」と発音されます。
「ありがてぇ」と呼ばれ続けているワインは、「アリガテ」という名のワインでした。

ロシアのお酒といえばウォッカが強烈なインパクトがありますが、ロシアの南側、北カフカス地方の黒海沿海にはブドウ畑とワイナリーがあります。

rus_wine_reg_260.gif
図.ロシアのワインの産地
(RussiaWineさんのWebsiteより)
https://russiawines.wordpress.com/category/russian-wine-regions/

特にクリミア半島の反対側とも言えるクラスノダール地方には多くのワイナリーがあり、黒海に面した街ノヴォロシースク市西約10kmにあるアブラウ・ドゥルソー・ワイナリーは、ロシアでもっとも有名なワイナリーです。
Abrau-Durso位置図.png
図.アブラウ・ドゥルソー・ワイナリーの位置図
(RussiaWineさんのWebsiteより)

Abrau-durso plant.jpg
図.アブラウ・ドゥルソー・ワイナリー

このワイナリーにはノヴォロシースク市から路線バス(マルシュルートカ)で行くことができます。値段はいくらか忘れましたが、バスの運賃はとても安かったです。
このワイナリーはアブラウ湖に面しており、ワイナリー見学のほか、湖でボート遊びもできます。マトリョーシカを売っているお土産屋さんやレストランもあり、観光地になっています。

さてアブラウ・ドゥルソーのワインですが、ここのワインは白のスパークリングワインが有名です。
どんな味かはワイナリーで試飲できますが、いちいち黒海まで行かなくても今はネットショップでロシアワインが買えるようになりました。

ロシア皇帝が作らせた皇帝ワイン“ソビエトシャンパン” 【ロシアワイン】アブラウドゥルソ
http://item.rakuten.co.jp/eatsales/10000754/
rakutenのロシアワイン.png

上記の楽天のサイトでは以下のとおりの紹介があります。
★特徴★
繊細な輝きを放つ黄金色。瓶内二次発酵で造られ、きめ細かい気泡が美しく長く続き、遊び心さえ感じる。花々のアロマと果物のフレッシュな風味が心地よく、後味はすっきりと優雅。食前酒にはもちろん、お祝いの席の様々な料理と楽しめる。ロシア皇帝及びその家族のみしか飲む事が許されなかった伝説のワイン。その希少さから"ロシア皇帝ワイン"や”ソビエトシャンパン"と呼ばれている。

みなさんもロシアワインはいかがですか?
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ロシア人は松ぼっくりを食べる!?

ロシア人は松ぼっくりを食べます。これは本当の話です。
私も実際にロシアで食べたことがあります。

250PX-~1.JPG
松ぼっくりКедровые шишки

でも食べるのは松ぼっくりのかさの部分ではなく、中に含まれる松の実です。
すべての松ぼっくりが食べられる訳ではなく、食用となる松ぼっくりがあります。
日本人が想像するかさが開いた松ぼっくりは食用には向いていません。

220px-KoreanPineSeeds.jpg
松の実Кедровый орех

私はシベリア鉄道に乗っている時に、駅で味付けしてある松ぼっくりを買いました。
松ぼっくりを解体してかさの根元にある実をとりだすのが非常にめんどくさいです。
松ぼっくり自体はとても固いし、味が付いているせいで手がベトベトします。
こんなに苦労して食べなくてはいけないおやつ?は初めてでした。
今でも松ぼっくりは駅で売っているのでしょうか?
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 10:17| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

これがロシアの温泉マーク♨♨♨

経済産業省は2020年のオリンピックに向けて、JISで定めている案内用の図記号を外国人にも分かりやすく改訂をすすめます。
私たち日本人におなじみの温泉マーク♨は、外国人には「温かい料理」に見えるとのこと。
新しいマークでは3人が温泉につかっている構図が候補ですが、温泉関係者より「現行マーク♨は日本の文化の一部になっている」と存続を要望する声がありました。
そのため経済産業省の委員会では国際規格などとの併記で活用を続ける方向で調整することとなったそうです。

新しい温泉マーク案.jpg
図.新しい温泉マークの案

ロシアにもカムチャッカ半島〜クリル列島にかけて多くの天然温泉があります。また冬季オリンピックが開催されたソチでもサナトリーと呼ばれる温泉保養地設備が多くあります。
ロシアで温泉が利用されているのは下の図の2のエリアです。
またカムチャッカ半島〜クリル列島(赤色の3)では、地下の地熱エネルギーを活用して地熱発電所が稼働しています。

Geothermal area of russia.png
図.ロシアの地熱利用エリア(Svalova & Povarov,2015)

私はカムチャッカの温泉に入ったことがありますが、そこは温泉というより、野外の温水プールでした。水着を着たロシア人がプールに飛び込んで泳いでいました。
温泉にしてはぬるい温度、設備はプールそのものでした。

自噴している天然温泉は、ロシアが発行する地図にその位置が記入されていることがあります。
ロシア地質調査研究所VSEGEI発行が発行している20万分の1地質図には、Источники минеральных вод(鉱泉)が記入されています。温度に関する情報がないので、厳密には冷泉なのか温泉なのか区別がつきませんが、この鉱泉の地図マークは以下のようになっており、湯気があるように見えますね。

ロシアの温泉マーク.jpg
図.ロシアの温泉マーク(鉱泉の地図記号)

以下は国後島古釜布(ユジノクリリスク)周辺の地質図の拡大です。図面の下の方にある22番、23番が温泉の位置です。ここでは現在、メンデレーエフスカヤMendeleevskaya 地熱発電所が稼働しています。
l-55-xxxii知床岬(古釜布).jpg
図.地質図幅「L-55-XXXII」古釜布周辺拡大(Желубовский,1964)

ロシアの温泉マークは私にはオタマジャクシにしか見えません。
地熱や温泉などの熱水系の学術的な論文でも温泉マーク(下図の10番)はやはりおたまじゃくしです。

Goryachii plaz.jpg
図.メンデレーエフ火山周辺の地質図と熱水系(Chudaev et al.,2008).

引用文献
Svalova,V., and Povarov, K.(2015):Geothermal Energy Use in Russia. Country Update for 2010-2015.Proceedings World Geothermal Congress 2015. Melbourne, Australia, 19-25 April 2015. p1-5.
Желубовский Ю.С.(1964):L-55-XXXII. Геологическая карта СССР. Серия Курильская.
Chudaev O., Chudaeva V., Sugimori K., Kuno A., and Matsuo M.,(2008): Composition and origin of modern hydrothermal systems of Kuril island arc. Indian.Journal of Marine Sciences.Vol.37(2).pp166-180.
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 23:40| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

ロシアのおすすめお土産-チャロアイトЧароит

シベリアでしか産出しない美しい鉱物チャロアイトCharoiteを紹介します。チャロ石と呼ばれることもあります。
charoite.jpg
図.チャロアイトの研磨した試料(幅5.5cm)
http://www.mindat.org/photo-203842.html

チャロアイトはラベンダー色を呈した絹糸光沢を持った鉱物で、研磨性が良いことから彫刻用の石材や装飾品として使用されます。

Charoite加工例.jpg
図.チャロアイトの加工例(Solyanik et al.,2008)

シベリアのサハ共和国オリョークミンスク地区を流れるチャラ川で地質調査を行っていた地質学者V.G Dietmar氏によって、1948年にこの紫色の鉱物は初めて記載されました。
しかし彼はこれを新鉱物とは思わず、角閃石の一種であるカミントン閃石と記載しました。
この地で1973年にが再び調査された結果、地質学者Yuri Rogovによりこの紫色の鉱物を含む鉱床が発見され、学術的な研究が行われました。
Rogov氏の奥さんである鉱物学者Vera Rogovaが1977年にカミントン閃石ではなく、新鉱物であることを発見し、1978年に新鉱物チャロアイトとして登録されました(Rogova et al.,1978)。
化学式は
(K,Ba,Sr)(Ca,Na)2[Si4O10](OH,F)・H2Oですが、以下の化学式もRozhdestvenskaya et al.(2010)により提唱されています。
(K,Sr,Ba,Mn)15-16(Ca,Na)32[(Si70(O,OH)180](OH,F)4・nH2O
更に不純物として微量のマンガンが含まれており、このマンガンが紫色の起因であると考えられています。

チャロアイトは世界で唯一シベリアでしか産出せず、鉱床の枯渇が心配されます。そのためサハ共和国政府はチャロアイトの年間採掘量を最大100トンに制限しています。
チャロアイトはロシアで切手のデザインにもなっています。
2000_Charoite_613.jpg
図.2000年に発行されたチャロアイトの切手

Wikipediaによるとチャロアイトは世界三大ヒーリングストーンの一つとされるそうです。
モース硬度で5-5.5であり、宝石としてはやや硬度は低く、傷が付きやすいので注意が必要です。
チャロアイト装飾品.jpg
図.チャロアイトの装飾品(Yahoo画像検索結果)

私はパワーストーンをまったく信じませんが、チャロアイトが美しくて希少価値のある鉱物なのは間違いありません。
ロシアのお土産屋さんで板状に研磨されたチャロアイトを見つけて、日本に買って帰りました。
今ではネットショップで簡単にチャロアイトを買うことが出来ますが、皆さんもロシアに行く機会があれば、ロシアのお土産としていかがですか?

引用文献
Solyanik V.A., Pakhomova V.A., Ushkova M.A.,(2008):Charoite - A Champion among Mineralogical Discoveries in the Second Half of the 20th Century.The Journal of the Gemmological Association of Hong Kong.Volume XXIX.p77-80.
Rogova, V.P., Rogov Y.G., Drits V.A., and Kuznetsova N.N. (1978) Charoite - A New Mineral and a New Jewellery Stone. Zap. Vses. Mineral. Obshch., 107, pp 94-100 (in Russian).
Rozhdestvenskaya, I., Mugnaioli E., Czank M., Depmeier W., Kolb U., Reinholdt A. & Weirich T. (2010) The structure of charoite, (K,Sr,Ba,Mn)15-16(Ca,Na)32[(Si70(O,OH)180](OH,F)4.0.nH2O, solved by conventional and automated electron diffraction. Mineralogical Magazine, 74, 159-177.
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:22| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ロシアではチェスはスポーツ?

頭脳を使うボードゲームであるチェスшахматыはロシアで盛んですが、実はロシアではチェスはスポーツに分類されます。
ロシア人にどうしてチェスがスポーツなのか質問しても、知らないНе знаюというそっけない回答が返ってきます。
とにかくチェスはロシアではスポーツなので、TVではスポーツチャンネルでチェスの試合が放送されます。

playing-chess-vector_23-2147497921.jpg

ロシアにはカルポフとカスパロフという有名なチェスプレーヤーがいます。
アナトリー・カルポフは1951年生まれのチェスの世界チャンピオンです。カルポフは静かな手を非常に好み、難解な局面を避けようとします。チェスは駒を取り戻すことができないため、間違いに気付いた時には修正できないような捨て駒作戦は立てません。派手な打ち方はせず、急がず慎重に少しずつ優位になる手を打つ名プレーヤーです。

200px-Karpov,_Anatoly_(Flickr).jpg
第15代、第17代公式世界チャンピオン アナトリー・カルポフ(Wikipedia)

ガルリ・カスパロフは1963年アゼルバイジャン生まれの天才チェスプレーで、15年もの間チェスの世界チャンピオンのタイトルを保持し続けた人物です。カスパロフは10歳の時にチェスの学校に入り、英才教育を受けました。1980年の世界ジュニアチェス選手権で優勝し、10代から将来有望な若手として注目を浴びました。
200px-Kasparov-29.jpg
第16代公式世界チャンピオン ガルリ・カスパロフ(Wikipedia)

1984年のチェス世界選手権で、世界チャンピオンであった王者カルポフに、若き天才プレイヤーとなったカスパロフが挑戦しました。後に伝説の死闘となる勝負は先に6勝した方が勝ちという条件で始まりました。勝負は最初はカルポフが優勢で先に4勝しました。その後17局連続引き分けとなり、第27局でカルポフが勝ち5勝0敗22引き分けとし王手をかけました。
しかしその後カスパロフは引き分けで粘り、ついに第32局でカスパロフが初勝利しました。その後5週間にわたり引き分けが続きましたが、カスパロフは次第に巻き返してきました。
第48局でカルポフ側の5勝3敗40分となったところで、ソ連スポーツ省(やはりチェスはスポーツですね)から圧力がかかり国際チェス連盟は対戦を中止すると発表しました。こうして5カ月に及ぶ名勝負は勝者が決まらないまま幕を閉じました。

1985年の再戦は、伝統的な24局マッチで行われました。第1局からカスパロフが勝利し、最終的にカスパロフが5勝3敗15分で勝利し、当時の史上最年少世界チャンピオンとなりました。
Kasparov-12.jpg
1985年の世界チャンピオン決定戦(Wikipedia)

カスパロフは1993年まで世界チャンピオンの座を守りましたが、カスパロフからチャンピオンを奪ったのもカルポフでした。

カルポフとカスパロフという名プレーヤーのお陰で、ロシアでのチェス人気は高いです。チェスのルールはそんなに難しくありませんので、たいていのロシア人はチェスができます。
あなたがロシア語を話せなくても、ロシア人とチェスで楽しむことができます。
知っておかなければいけない単語はチェック(王手)にあたるシャフшах、チェックメイト(詰み)にあたるマットматだけです。チェスという単語シャフマティшахматыは、チェック+チェックメイトが合わさってできた単語です。
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 05:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ロシアでは新婚カップルは合理化?を迫られる?

チュクチ自治管区の金鉱床の紹介が終わったのでここで休憩。

ロシアでは新婚カップルは合理化?を迫られるというお話。
wedding_white.png

ロシアでは、新婚カップルに対して友人達がみんなでゴーリカ!ゴーリカ!Горька!Горька!と囃し立てます。ゴーリカГорькаとはロシア語で苦いという意味です。"苦いから甘いキスを見せてくれよ"つまり新婚の二人に対してキスしてと盛り上げているのです。

日本人の私には合理化!合理化!とカップルに対してスローガンを言っているように聞こえます。別々に暮らしていた二人が一緒に生活するのですから、生活費は合理化されますよね?
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

極東ロシアにある世界最北の原発(ビリビノ原子力発電所)

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、資源を開発するためには電力が必要になります。
今月紹介しているチュクチ自治管区は、日本の約2倍弱の面積がありながら、人口はわずか5万人。道路や電線は部分的しかつながっておらず、陸の孤島のような地方です。

このチュクチ自治管区に極東ロシア唯一の原子力発電所があります。
北極圏に位置するビリビノBilibino市は、チュクチ自治管区の第2都市で人口はおよそ5,000人。1920年代にロシア人地質技師Yury Bilibin氏がこの地で金を発見したことから、Bilibin氏の名前からBilibinoという街の名前になりました。ビリビノの北約20kmにあるKaralveem金鉱床では、現在も年間約1.5トンの金が採掘されています。
ビリビノ周辺には、金だけではなく、銀、錫、タングステンなどの多くの鉱山がかつてあり、鉱山と街に電力を供給するため、発電所の建設に原発が選ばれました。

ビリビノ市は北極海の港町ペヴェクPevekより内陸にあり、冬だけ通行できるウインターロードでつながっています。ビリビノ市までは物資は北極圏を通ってペヴェク経由で運ぶか、飛行機で運搬するしかありません。
冬が10ヶ月も続く北極圏の辺鄙なところへのディーゼル燃料の運搬費用と小型のため発電単価は高くなる原子力発電所のコストを比較して、最終的に原発が建設されることになりました。
図1.ビリビノ原子力発電所位置図.gif
図.ビリビノ原子力発電所位置図(原子力百科辞典ATOMICA)

ビリビノ原子力発電所は1970年に建設が始まり、1974年から1977年にかけて1.2万kW×4基の原子炉が運転を開始しました。
Bilibino原子力発電所.jpg
図.ビリビノ原子力発電所(Wikipediaより)

ビリビノ原子力発電所は、北極海の港町ペヴェクにある火力発電所およびヤクーツク共和国の東端のチェルスキーCherskyにある火力発電所と送電線で連係しています。

極東ロシアの発電所と電力網.jpg
図.極東ロシアの発電所と電力網(Kalashnikov,1997)

ビリビノの周辺鉱山の閉山が相次ぎ、ビリビノ市の人口も減ったこともあり、現在は電力需要が減ったため、この世界最北の原子力発電所は、出力を落として操業をしています。

引用文献
原子力百科辞典ATOMICA ビリビノ熱併給原子力発電所 (14-06-01-17)
Kalashnikov V.D.(1997):Electric Power Industry of the Russian Far East: Status and Prerequesites for Cooperation in North-East Asia. Commissioned by the Nautilus Institute, funded by the Northeast Asian Forum of the East West Center, and presented at the Workshop on the Future of Regional Electric Power Grids in Northeast Asia, organized by the East-West Center, Honolulu, Hawaii, 28-29 July 1997, p56.
タグ:極東ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

ロシアでは飛行機が無事着陸すると機内は大歓声?

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、ここで一休み。
飛行機にまつわる話を一つ。

ロシア人は飛行機が無事に空港に着陸すると喜びのあまり歓声をあげます。「ウラー」という歓声と拍手に機内が包まれます。
かつてロシアにはこんなジョーク(ロシア語でアネクドート)がありました。
「我が国にはよく落ちるものが4つある。一つは大統領の支持率、次に通貨ルーブルの価値、そしてサーカスの綱渡り、最後にアエロフロート(ロシアのフラッグキャリア航空会社)。」という笑えないジョークです。
かつてロシアではパイロットが自分の子供を操縦席に乗せて、飛行機が墜落した信じられない事故も起こっています。
→アエロフロート航空593便墜落事故

墜落せずに無事に空港に着いたら、嬉しくて歓声をあげ、パイロットに対し拍手をする文化なのです。皆さんもロシアの飛行機に乗る機内があれば是非みんなと一緒に拍手をしてください。旅の一つの思い出になりますよ。
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 21:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

ロシアではニワトリは何て鳴く?コケコッコーじゃなくて○○○○?

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、マガダン州の金鉱床は数多くあるので、ここでいったん休憩します。
金鉱床の話から、なぜかニワトリの話になりますが、ロシアではニワトリは何て鳴くでしょうか?

日本ではニワトリは「コケコッコー」と鳴いていますが、ロシアでは何て鳴いていると思いますか?
lgi01a201412031600.jpg

鳴き声をロシア語で表記すると「кукареку」です。
kukareku.gif
キカペキ?いいえ、ロシア語では「クカレク」と読みます。
英語表記すればKukarekuとなります。

ロシアではニワトリは何て鳴く?
(答え)クカレクー
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 00:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

日本の中のロシア(稚内市)

アムール州の金鉱床の紹介が終わったので、ここでロシアの地下資源の紹介も一服。
先日、プライベートで稚内に行ってきました。稚内市はサハリンのコルサコフ市およびユジノサハリンスク市と友好都市を結んでおり、かつてはコルサコフ港との定期航路もありました。
稚内市では道路の案内標識にロシア語の併記があることで知られています。ちなみに道民は道路案内標識のことをアオカン(青看)と言うのが普通です。

aokan.JPG
図.稚内市内の道路案内標識

市内のバス乗り場にもロシア語表記でАвтобусная остановкаとあります。
busstop.JPG
図.バス乗り場のロシア語表記

商店の壁にもロシア語の表記があります。下の看板は相沢商店の看板です。
aizawa.jpg
図.相沢商店の壁にあるロシア語表記

もし稚内に行く機会があれば、ロシア語の表記を探してみるのも面白いですね。

(追伸)稚内市とコルサコフを結ぶフェリーが再開されることになりました。2016年は夏だけの週2回、計16往復岳の運航ですが、今後も継続すると良いですね。稚内とサハリンを一緒に観光するのも面白いと思います。
タグ:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 20:21| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする