2016年05月23日

チュクチ自治管区の金鉱床(Kekura鉱床)

Kekura鉱床は、Bilibino市の南約120 qに位置する低硫化型のAu-Ag鉱床で、現在Highland Gold Mining社が探鉱を実施しています。
Kekura鉱床位置図.jpg
図.Kekura鉱床位置図(Highland Gold Mininig社Website)

この地域は元々砂金が着目されていたエリアでした。いわゆる山金に関しては1990年以降に探鉱が開始され、5万および20万地質図作成などを通じ、成果を挙げてきました。
Kekuraのメイン鉱体ではトレンチ調査及び試錐探鉱が実施されました。

Kekura鉱床は白亜紀後期の閃緑岩-モンゾニ閃緑岩-花崗閃緑岩-花崗岩を母岩としています。鉱脈群は走向方向に1q以上、深部方向には350mまで続いているのが確認されています。
鉱化帯の厚さは80m〜120mあります。
鉱石鉱物は2〜3%の硫化物であり、硫砒鉄鉱を伴います。
自然金は単体であり、ビジブルゴールドの大きさは0.5〜1 oが一般的です。
0.01〜0.2oの細粒な金は硫砒鉄鉱に含有されることが多いとのこと。

金品位は2〜3g/tAuから数百g/tAuまで変動があります。2014年12月末時点での埋蔵鉱量はIndicated+Inferredで10.35Mt@8.7g/tAu(カットオフ品位0.8g/tAu)が計上されています(Highland Gold Mininig社Website)。

Highland Gold Mininig社はオープンピットと坑内掘りのコンバイン操業によるKekura鉱床の開発を進めており、2018年より商業生産を開始する予定となっています。
Kekura鉱床の風景.jpg
図.Kekura鉱床の風景(Highland Gold Mininig,2015)

引用文献
Highland Gold Mininig(2015):Operations Overview & Project Update.Presentations. February 2015.p21.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 01:32| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

ロシアのタングステン生産量は世界何位?

資源大国のロシアが、いろいろな地下資源で生産量で世界何位なのかを紹介しています。
今回はタングステン(元素記号W)です。
タングステンは金属のうちでは最も融点が高く、電球のフィラメントとして使われていましたが、現在はLEDが普及してきたので、フィラメントとしての利用は減っています。
タングステンは、高温度での硬度や耐熱性保持などの特性から、主として炭化物(WC)の形で超硬工具に用いられています。かつて「ほこ×たて」というTV番組で最強金属として紹介され、最強ドリルと闘った金属です。

タングステンの国別産出量を以下に示しますが、とある国が大部分の生産量を占めています。
タングステン生産量ランキング表.pngタングステン生産量ランキング図.png

タングステンは中国の独壇場です。2014年の実績では中国の産出量シェアは82%。
ロシアの生産量は2,800トンで、これは世界3位、世界シェア3.2%でした。
埋蔵量においても中国が世界の埋蔵量の半分以上を占めます。
コバルト資源も偏在していますが、タングステンに関してはもっと偏在が顕著です。
中国の低価格輸出攻勢で1980年代から2000年頃までに多くの鉱山が閉山してしまいました。
生産量が反日のとある国に偏り過ぎると、安定供給に関して(特に日本への輸入に対して)大きなリスクとなりえます。

極東ロシアの沿海地方には、ヴォストーク2鉱床、レルモントフスコエ鉱床の二つの大規模タングステン鉱床があります。位置図を示します。
沿海地方のW鉱床.jpg
図.沿海地方の主要錫・タングステン鉱床位置図(石原、2008)

ヴォストーク2鉱床は、1961 年に発見されたスカルン型タングステン鉱床で1980年代から現在でも生産が続いています。
鉱床は石灰岩との接触部に形成された高傾斜シート状の形状を示すスカルン鉱体です。
鉱量は大規模と分類され、その規模は最大厚さ70m、走向延長(NE-SW)は600m以上、傾斜延長は(60-85°NW)は800m以上です。主鉱体のほか、3つの副鉱体があるそうです。
Vostok-2 鉱床の地質断面図と試錐品位.jpg
図.Vostok-2鉱床の地質断面図と試錐品位(Soloviev&Krivoshchckov,2011)

タングステン資源として重要な鉱物は灰重石(sheelite:CaWO4)と鉄マンガン重石(wolframite:(Fe,Mn)WO4)の2種類がありますが、Vostok-2では製錬がしやすく価値の高い灰重石の鉱化作用が認められています。しかもタングステン品位は1.64%WO3(Noklerberg et al.,2005) と高品位なタングステン鉱床です。

ロシアのタングステン生産量は世界何位?
(答え)2014年は世界3位(シェア3.2%)。
タングステンは中国に偏在しているため、日本への安定供給にはリスクのある金属。
極東ロシアにはVostok-2鉱山などのタングステン鉱山がある。

引用文献
USGS(2016):Mineral Commodity Summaries 2016 TUNGSTEN.
石原舜三(2008):ロシア共和国,プリモーリエ準州の主要鉱床,特にスズ−ベースメタル鉱床とインジウム資源.地質ニュース641号,5 ― 16頁,2008年1月
Soloviev S. G. and Krivoshchekov N. N.(2011): Vostok-2 gold-base-metal-tungsten skarn deposit, Central Sikhote-Alin, Russia. Geology of Ore Deposits, Vol.53(6), p478-500.
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:16| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

極東ロシアにある世界最北の原発(ビリビノ原子力発電所)

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、資源を開発するためには電力が必要になります。
今月紹介しているチュクチ自治管区は、日本の約2倍弱の面積がありながら、人口はわずか5万人。道路や電線は部分的しかつながっておらず、陸の孤島のような地方です。

このチュクチ自治管区に極東ロシア唯一の原子力発電所があります。
北極圏に位置するビリビノBilibino市は、チュクチ自治管区の第2都市で人口はおよそ5,000人。1920年代にロシア人地質技師Yury Bilibin氏がこの地で金を発見したことから、Bilibin氏の名前からBilibinoという街の名前になりました。ビリビノの北約20kmにあるKaralveem金鉱床では、現在も年間約1.5トンの金が採掘されています。
ビリビノ周辺には、金だけではなく、銀、錫、タングステンなどの多くの鉱山がかつてあり、鉱山と街に電力を供給するため、発電所の建設に原発が選ばれました。

ビリビノ市は北極海の港町ペヴェクPevekより内陸にあり、冬だけ通行できるウインターロードでつながっています。ビリビノ市までは物資は北極圏を通ってペヴェク経由で運ぶか、飛行機で運搬するしかありません。
冬が10ヶ月も続く北極圏の辺鄙なところへのディーゼル燃料の運搬費用と小型のため発電単価は高くなる原子力発電所のコストを比較して、最終的に原発が建設されることになりました。
図1.ビリビノ原子力発電所位置図.gif
図.ビリビノ原子力発電所位置図(原子力百科辞典ATOMICA)

ビリビノ原子力発電所は1970年に建設が始まり、1974年から1977年にかけて1.2万kW×4基の原子炉が運転を開始しました。
Bilibino原子力発電所.jpg
図.ビリビノ原子力発電所(Wikipediaより)

ビリビノ原子力発電所は、北極海の港町ペヴェクにある火力発電所およびヤクーツク共和国の東端のチェルスキーCherskyにある火力発電所と送電線で連係しています。

極東ロシアの発電所と電力網.jpg
図.極東ロシアの発電所と電力網(Kalashnikov,1997)

ビリビノの周辺鉱山の閉山が相次ぎ、ビリビノ市の人口も減ったこともあり、現在は電力需要が減ったため、この世界最北の原子力発電所は、出力を落として操業をしています。

引用文献
原子力百科辞典ATOMICA ビリビノ熱併給原子力発電所 (14-06-01-17)
Kalashnikov V.D.(1997):Electric Power Industry of the Russian Far East: Status and Prerequesites for Cooperation in North-East Asia. Commissioned by the Nautilus Institute, funded by the Northeast Asian Forum of the East West Center, and presented at the Workshop on the Future of Regional Electric Power Grids in Northeast Asia, organized by the East-West Center, Honolulu, Hawaii, 28-29 July 1997, p56.
ラベル:極東ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 22:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュクチ自治管区の金鉱床(Karalveem鉱床)

Karalveem鉱床はチュクチ自治管区第2の都市ビリビノ(人口約5千人)の北約20kmに位置する金鉱床です。ビリビノBilibinoという都市名は、1920年代にソビエトの地質技師Yury Bilibin氏がこの地で金を発見したことから、Bilibin氏の名前から付けられました。
現在Karalveem鉱床では、Karalveem社により年間約1.5トンの金生産が行われています。

Karalveem鉱床は数mの幅を持った高傾斜の複数の石英脈からなる金鉱床で、三畳紀の斑レイ岩質シルと砂岩・頁岩との境界部に主に産します。
堆積岩類やシルは、グリーンシスト相を示しNWトレンドの褶曲に強く規制されていて、金鉱体もこの褶曲と断層運動に大きく規制されています。
Karalveem鉱床の地質平面図・断面図.jpg
図.Karalveem鉱床の地質平面図・断面図(Noklerberg et al.,2005)

鉱体付近の母岩では珪化-炭酸塩化のほか、硫化物鉱染も認められます。
鉱脈は95〜97%は石英で構成され、硫砒鉄鉱、灰重石、曹長石、アンケライト、白雲母などを随伴します。
また方解石、苦灰石、カリ雲母、方鉛鉱、自然金(ファインネス:780-812)、トパーズ、アクアマリン、閃亜鉛鉱、黄鉄鉱および磁硫鉄鉱が広く分布します。

自然金は主に粗粒石英や硫砒鉄鉱を切る青みを帯びた灰色石英細脈中に主に産します。地表付近では石英脈は晶洞を伴い、結晶が発達した石英が認められることもあります。粗粒の自然金は、樹枝状のものは稀で、塊状ものが最大1 pに達することがあるのがこの鉱床の特徴とされています。
一方、深部では金粒は細粒となり、硫砒鉄鉱中に点在するのが一般的な産状となります。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 21:28| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

ロシアでは飛行機が無事着陸すると機内は大歓声?

このブログではロシアの地下資源を紹介していますが、ここで一休み。
飛行機にまつわる話を一つ。

ロシア人は飛行機が無事に空港に着陸すると喜びのあまり歓声をあげます。「ウラー」という歓声と拍手に機内が包まれます。
かつてロシアにはこんなジョーク(ロシア語でアネクドート)がありました。
「我が国にはよく落ちるものが4つある。一つは大統領の支持率、次に通貨ルーブルの価値、そしてサーカスの綱渡り、最後にアエロフロート(ロシアのフラッグキャリア航空会社)。」という笑えないジョークです。
かつてロシアではパイロットが自分の子供を操縦席に乗せて、飛行機が墜落した信じられない事故も起こっています。
→アエロフロート航空593便墜落事故

墜落せずに無事に空港に着いたら、嬉しくて歓声をあげ、パイロットに対し拍手をする文化なのです。皆さんもロシアの飛行機に乗る機内があれば是非みんなと一緒に拍手をしてください。旅の一つの思い出になりますよ。
ラベル:ロシア
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 21:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

チュクチ自治管区の金鉱床(Dvoinoye鉱床)

Dvoinoye鉱床は、2010 年にカナダのKinross社が権益100%を獲得した浅熱水性金銀鉱床です。カムチャッカ半島よりさらに北の北極圏に鉱床は位置しています。本鉱床の近傍にはVodorazdelnayaと呼ばれる鉱徴地もあります。

Dvoinoye位置図.jpg
図.Dvoinoye鉱床位置図(Henderson,2011)

自然環境の大変厳しいところに位置している鉱山のうちの一つです。

Dvoinoye-Trucks.jpg
図.Dvoinoye鉱山のトラック(Kinross websiteより)

Dvoinoye鉱床では石英脈、炭酸塩-石英脈、硫化物-石英脈が珪化や硫化物を伴う角礫ゾーンに認められます。鉱脈は自然金、黄鉄鉱、黄銅鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱、錫石、チタン鉄鉱および磁鉄鉱を含みます。鉱脈の方向はE-W 方向が卓越します。
ほとんどの鉱体は白亜紀前期の花崗岩体に隣接したデボン紀の砂岩や頁岩中に胚胎します。金を含んだ鉱化帯は幅100〜150mで、走向延長は1 qに及びます。
鉱脈中の硫化物の割合は1〜2%程度と低い特徴があります。

2015年12月末日時点での可採鉱量はP&Pで2.265Mt@18.1g/tAu です。
スコーピングスタディは2011 年1月に完了し、坑内掘りによる採掘を2013年10月より開始しました。
2020年までのマインライフを予定しています。
Dvoinoye鉱床で採掘された鉱石は90 q離れた同社のKupol鉱山までトラックで運ばれ、そこで処理されています。
Dvoinoye-mining.jpg
図.Dvoinoye鉱床での採掘(Kinross websiteより)

引用文献
Henderson R.D.(2011):Kupol Mine, Russian Federation, NI 43-101 Technical Report.,
Prepeard for Kinross Gold Corporation Report, p147.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 20:43| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

チュクチ自治管区の金鉱床(Mayskoe鉱床)

チュクチ自治管区の金鉱床のトップバッターとしてMayskoe鉱床(またはMaiskoe)を説明します。Mayskoe鉱床は北極海に面したPevek より内陸へ180qのところに位置しています。

Mayskoe鉱床位置図.png
図.Mayskoe鉱床位置図(Polymetal Internation Plc website)

この鉱床は1972 年に発見され、1974 年〜1986 年にかけて精力的に探鉱されました。2004 年にはHighland Gold 社が競売により鉱区を取得し、2005 年から2008 年にインフラ整備を行いました。2009 年には現在のオーナーであるPolymetal International 社が権益を購入し、2010 年にフィジビリティスタディF/S を完了させました。坑内掘りによる生産は2011 年に開始されました。

鉱床はN-S 方向の直線状シアゾーンに関連し、様々な走向傾斜を持ちます。
鉱化は細脈状帯と鉱染状帯からなり、含金黄鉄鉱と硫砒鉄鉱を含みます。母岩は砂岩、頁岩などです。堆積岩は石英-長石ポーフィリー、花崗岩、花崗閃長質ポーフィリーに貫かれています。

Mayskoe地質平面図.png
図.Mayskoe鉱床の地質平面図・断面図(Noklerberg et al.,2005)

鉱石は主として鉱染状で高品位の金が針状の硫砒鉄鉱や砒素に富む黄鉄鉱に含まれています。後期の石英-輝安鉱±自然砒の鉱化ステージも広く分布します。稀に輝水鉛鉱-石英脈、レアメタル-硫化物-石英脈なども産します。

鉱脈はこれまで300 条以上確認されていますが、鉱量が計上されているのは46 条でです。鉱脈の平均脈幅は0.8〜5.2m、酸化帯は地表から深度300mまで続いています。

可採鉱量(Proved & Probable)は2015年1 月1 日時点で6.45Mt@8.5g/tAu です。2014 年の坑内掘りによる鉱石採掘量の実績は653Kt@8.7g/tAu でした。
Mayskoe鉱床では、金が黄鉄鉱および硫砒鉄鉱に含まれるため、通常のシアンリーチングには向いていません。

そのため山元で浮選を行い、金品位を70〜100g/tAu に高めた硫化精鉱を生産しています。含金精鉱はPevek まで陸送され、その後、約4,800 qの海運によりハバロフスク地方のNikolaesvk-on-Amurまで運ばれます。そこから525 q離れた同社のAmursk POX hubプラントまで運ばれ、処理されます。

引用文献
Noklerberg et al.(2005): Metallogenesis and Tectonics of the Russian Far East, Alaska, and the Canadian Cordillera. U.S. Geological Survey., Professional Paper 1697.
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 08:24| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

チュクチ自治管区の金鉱床(概要)

これからチュクチ自治管区の金鉱床を紹介していきます。チュクチ自治管区はカムチャッカ半島よりさらに北にあり、極東の中の極東とも言える地方です。

チュクチ自治管区位置図.jpg
図.チュクチ自治管区の位置図

チュクチ自治管区の面積は73万km2であり、日本のほぼ2倍弱。しかし人口は約5万人と極めて少なく、首府のアナデイリも人口約1万人の小さな街です。気候は冬の寒さは極めて厳しく、夏は短いです。
チュクチ自治管区の主な産業は鉱業(金、錫、石油、石炭)と水産などです。交通は隣接する州と陸路では繋がっていません。

チュクチ自治管区は、ベーリング海を挟んでアラスカの反対側にあり、地質的にもアラスカに似ていると言われています。そのためでしょうか、人口密度が極めて低い辺鄙な土地であるにもかかわらず、ソビエト時代から国家として精力的に調査がなされ、地質図が作成されています。
鉱床リストも整備され、Au-Ag鉱床は砂金、山金合わせて50鉱床がリストアップされています。

チュクチ自治管区のAu-Ag鉱産図.jpg
図.チュクチ自治管区のAu-Ag鉱産図

チュクチ自治管区鉱産図凡例.jpg
図.凡例

チュクチ自治管区には、外資が操業している金鉱山があります。Kinrossが操業している浅熱水性鉱脈型のKupol鉱床です。Kupol鉱床などを中心にチュクチ自治管区の金鉱床を紹介していきます。

posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 18:41| Comment(0) | チュクチ自治管区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

ロシアの錫生産量は世界何位?

鉱産物の国別生産量ランキング、今回は錫(スズ)を紹介します。
さっそく2014年の錫産出量を見てみましょう。
錫生産量ランキング表.png
錫生産量ランキング図.png

錫の産出量は第1位が中国(シェア34%)、第2位がインドネシア(シェア27%)でした。この2つの国が錫の2大生産国となっています。
ロシアはかつて錫の主要な産出国でしたが、現在は10位以内にランキングしていません。2014年の生産量はわずか240トンでした。

錫と言えばかつてはマレーシアでしたが、マレーシアも同様に2014年はランク外となりました。
30年前の1984年の生産量と比較すると衰退がよくわかります。
       1984年→2014年
マレーシア 46.9(1)→3.87
タイ    19.7(4)→0.20
ロシア   18.5(6)→0.24
単位は千トン、()内は世界順位
マレーシア、タイ、ロシアはかつて主要産出国であったのに、現在は生産量はわずかです。

錫の場合は埋蔵量が明らかになっていない国々もありますが、ロシアは錫埋蔵量では世界6位の350千トンです。ロシアの主要な錫鉱山は、極東ロシアの沿海地方(プリモーリエ地方)のカバレロボ市周辺にありました。
カバレロボ市は極東ロシアの中心都市ウラジオストクから北東に約300kmに位置する鉱山で発展した街です。しかし鉱山の閉山で、廃墟となったアパート群も多くあります。
沿海地方の錫鉱床.jpg
図.極東ロシア沿海地方の主要錫鉱山(石原、2008)

現在、極東ロシアでの錫の生産量はわずかですが、未開発の錫鉱床は極東ロシアに数多くあります。ロシア地質調査研究所の鉱産図を下に示します。茶色のマークが錫鉱床です。また錫鉱床の中にはタングステンが伴われる鉱床があり、それらの鉱床は茶色とピンクが半々になったマークです。
極東ロシアの非鉄金属鉱床.jpg
図.極東ロシアの非鉄金属鉱床鉱産図(VSEGEI)

沿海地方のみならず、ハバロフスク地方、マガダン州、サハ共和国、チュクチ自治管区にも多くの錫鉱床があります。

ロシアの錫生産量は世界何位?
(答え)2014年はランク外。かつての主要生産国であったロシアも現在の錫生産量はわずか。
埋蔵量は世界第6位。錫鉱床は極東ロシアに多い。

引用文献
USGS(2016):Mineral Commodity Summaries 2016 TIN.
石原舜三(2008):ロシア共和国,プリモーリエ準州の主要鉱床,特にスズ−ベースメタル鉱床とインジウム資源.地質ニュース641号,5 ― 16頁,2008年1月
ラベル:地下資源
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 11:21| Comment(0) | 生産量国別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

マガダン州の金鉱床(まとめ)

マガダン州には数多くの金鉱床があり、このブログでも代表的な金鉱床を紹介してきました。一部の金鉱床は銀に富み、銀鉱床として知られる鉱床もあります。ロシア地質調査研究所の鉱産図でオレンジ色が金鉱床、黄色が銀鉱床です。

マガダン州Au-Ag鉱産図.jpg
図.マガダン州のAu-Ag鉱産図(VSEGEI)

マガダン州はソ連崩壊後の経済低迷により過疎化が進んでいる問題点があります。
そのため外貨導入により経済再生を目指す動きもあり、鉱業分野でも外資へのアピールが積極的です。
マガダン州は、日本、特に北海道が近いですが、マガダン州は中国に資本参加につき交渉を行い、中国企業の関心を呼んでいるのが現状です。
今後マガダン州に対する中国の関心は高まる一方にあると考えられます。

マガダン州で最も規模が大きいAu 鉱床はPolyus Gold International 社により再開発が進められている
Natalka 鉱床(可採鉱量:319Mt@1.58g/tAu)であり、この再開発案件には中国投資家が興味を示しています。2015年5月にはPolyus Gold 社は、China National Gold Group Corporation との協定に調印しています。

そのほか、Netchen-Khaya 鉱床(埋蔵金量70tAu)、Pavlik 鉱床(年間400万トンの鉱石処理)やOlcha 鉱床(50tAu)などが大きい金鉱床です。
ラベル:金鉱床
posted by 日露資源ポテンシャル研究所 at 09:55| Comment(2) | マガダン州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする